1. TOP
  2.    稽古の後の書制作

稽古の後の書制作

いつも私は稽古の後、

お手本を書き終えた残った墨で

半切に向かい筆を運ぶことが多い。

筆はほぼ唐筆を使う。

それも余り大きな筆は使用しない。

掲載の作品も銘柄は忘れたが

漢壁より少し大きかったように思う。

色んな書家の先生方と話をしていると

筆の弾力をここは生かしたとか・・・

ここは滲みを考えここは擦れをとか・・・。

それも分かるがもっと他に・・・。

と、言いたいが。
私も正直、書の本質はどこにあるのか

篆刻の本質はどこにあるのか、答えは出ない。
ただ、書と篆刻を制作する私にとって

制作過程は違えども本質は同じところに

あるのは確信できる。

答えが分からないから面白いのかも^^

稽古の後の書制作

稽古の後の書制作


  • 2010年03月01日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP