1. TOP
  2. 篆刻作品   抽象篆刻

抽象篆刻

懐かしい作品を紹介しよう。

今から十数年前の恥ずかしい『抽象篆刻』。

制作したのは阪神淡路大震災の後だった。

書斎は一週間手をつける気にならないほど

散乱していた。

その中で傷ついた印材が多くそれを利用し

細かな線を彫ったり・・・。

この当時は、点・線・面を自分なりに考えていた。

画家の先生からはカンジンスキーの「点・線・面」

読まなあかんよ!!!と言われ目を通した。
この度掲載の作品は現在、私の町の淡路市浦にある

東浦文化館・サンシャインホールの1階ロビーに飾ってある。

実は来月7月5日からこのギャラリーで淡味篆會展2010

と一隅会展が合同開催される。

詳細は後日アップしよう。
ウエスティンホテル淡路の2階ギャラリー回廊で

書画・篆刻 南岳杲雲展2010も企画している。

印刀を握って30年になる。

多くある作品群の中から秀作を新たな体裁にして表現した作品

30点程を皆さんに見ていただくことにした。
ブログを見て淡路島まで足を運ぼうと思われる方は

遠慮なくご連絡ください。

抽象篆刻

抽象篆刻



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP