1. TOP
  2.    梅先生との合作 書画篆刻

梅先生との合作 書画篆刻

前回、アルバムデザインをアップしましたが

そのK君のお家にお邪魔したら懐かしい作品群

が私を迎えてくれたので紹介します。
まず、玄関を入ってすぐに梅先生と私の

合作品が飾っていました。

この作品は数年前に私が主催する淡味篆會展の

写真を見せたところ、梅先生がK君の作品を見て

「お、この作品良いな。一枚書こう。」

言って先生の鞄からこの詩箋を出してきました。

二枚出してきましたが、梅先生は

「二枚書くのは能がないからな。」

それで二枚のうち一枚に詩を書かれました。

先生なりに賞を与えてくれたのでしょう。

K君かなり喜びました。(その笑顔は以前あっぷしました。)

それを私が持ち帰り二印刻し合作が完成しました。
そういえばもう一点私と先生の合作が

あるのを思い出しました。
それも数年前、真鍋井蛙先生主催の斉平展のおり

会場の受付でで団扇に何か書いてほしいと言われ

下手ながら金魚の絵を描いていました。

そこへ梅先生が来られその作品に賛を書かれました。

びっくりしましたが、梅先生は普段から

本当に書画篆刻が好きなんだな・・・と言うのが

分かる私にはとても貴重な体験でした。
どなたがこの団扇持っているのでしょうか。

もし知っているかたご連絡ほしいです。
しかし今、こんな先生いませんよね。
梅先生が発する言葉の重さを感じてるこの頃です。

書画篆刻

書画篆刻



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP